いちごえ会について

いちごえ会タイトル

いちごえ会<高次脳機能障害者小金井友の会>は、高次脳機能障害者と家族が安心してくらせるために理解と支援を求めて設立されました。

高次脳機能障害者は、いろんな障害を併せ持っています。失語症者は最初の一語が思うように出ません。その一語を暖かく待ち、多くの障害を一つ一つ乗り越える。一期一会は今日の出会いが一生で一度だけ。皆が障害を理解し、お互いを尊重し、協力し合う、そんな会です。

趣意書

いちごえ会趣意書(2012年版)

高次脳機能尾障害者小金井友の会「いちごえ会」趣意書(クリックで拡大表示)

目的

講演会、相談会を開き高次脳機能障害を知ってもらい、社会の理解と強力を求めます。家族会を開き、情報交換し、知恵を出し合います。行政への支援、介護施設などへ働きかけます。生活支援、社会参加を推進し、安心してともに働きともに暮らす社会を目指します。

活動内容

  • 高次脳機能障害者の理解促進を図る。
  • 高次脳機能障害者と家族が安心して暮らせる社会福祉の充実を図る。
  • 高次脳機能障害者の生活の自立、社会参加や就労に向けた支援の構築を図る。
  • お互いの情報交換、相談、交流、学び合い、親睦を深める。
  • その他

名称の由来

「いちごえ会」の名前の由来

「いちごえ会」の名前の由来

 

高次脳機能障害をともに生きる、一人で悩まないで

勉強会、医療、家族相談会を随時ご案内します。困ったときは一人で抱え込まず、仲間の知恵で解決への努力をしましょう。

→入会ご希望の方