桜東京パイロットクラブ講演会 「高次脳機能障害を知ろう」

先月のことになりますが、桜東京パイロットクラブ講演会 「高次脳機能障害を知ろう」(2012年11月11 日(日)、持田製薬 ルークホールにて)の集合写真が届きました。

桜東京パイロットクラブ講演会「高次脳機能障害を知ろう」

桜東京パイロットクラブ講演会「高次脳機能障害を知ろう」

当日のプログラムは以下の通りでした。

  • 「高次脳機能障害とリハビリテーション」 東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学教授 安保雅博
  • 「高次脳機能障害を理解するために」 帝京平成大学専門職大学院臨床心理学研究科教授 中島恵子
  • 「患者家族からのメッセージ」 高次脳機能障害者小金井友の会 いちごえ会代表 増村幸子

安保先生、中島先生のご講演の後、私増村幸子が日頃の思いを発表しました。緊張しましたが、パワーポイントを操作しながら話したので、手順良くできました。設立の動機、目的、活動状況などを話しました。

開講に先立ち脳外傷友の会といちごえ会に寄付を頂きました。桜東京パイロットクラブのご厚情に感謝です。今後の活動に生かしましょう。

慈恵大学教授安保先生、帝京平成大学教授中島先生の講演は刺激的で面白かったです。お二人の高次脳機能障害への研究と患者への思いが伝わり、高次脳機能障害は良くなると希望と元気を貰いました。

いちごえ会の仲間が数人来てくれました。写真は前列左から私、中島先生、後列左から安保先生、村田、吉澤、重盛、岩澤の皆さん。(桜東京パイロットクラブ提供)